用途に合わせて選ぶ|子育てママが厳選!ベビーシューズや抱っこ紐の上手な選び方

赤ちゃんに合わせて選びたい抱っこ紐の基本

用途に合わせて使い分けするのがオススメ

抱っこ紐には大きく分けて3つの種類があります。新生児から使用できる横抱きタイプ、首がすわったら使用できる縦抱きタイプ、首がすわる頃から使用できるおんぶ用のタイプです。
横抱きタイプはベッド代わりになりますし授乳もできますので、家の中での使用に向いています。縦抱きタイプは、両手をあけて簡単な作業ができるので移動時に便利です。おんぶ用は家事がしやすく、身体への負担も少ないです。それぞれに使いやすい場面が異なりますので、いくつか用意して、用途に合わせて使い分けるのが赤ちゃんにとっても、ママにとっても快適です。

用途に合わせて選ぶ

女性と赤ちゃん

キャリーとスリリングの違いと選び方

抱っこ紐にはキャリータイプとスリングがあります。キャリータイプは赤ちゃんの成長に合わせていろんな使い方ができることが最大の特徴です。新生児や首がすわったばかりの頃はママとピッタリ向き合う対面で使用し、後ろからしっかり首を固定します。首がしっかりしてきて外のことに興味が出てきたら、前向きで使用し赤ちゃんの好奇心に応えてあげられます。
種類によってはおんぶで使用できるものもあり、使える期間が長いですし、用途も幅広く、装着方法も簡単です。ただし持ち歩くときにコンパクトにならず、かさばります。一方スリングは、新生児から使用できる袋状の抱っこグッズで、ママのお腹にいた時のような安心感が感じられます。どこにでも持ち運びしやすく、授乳にも使えますし、巻き方を習得すれば縦抱きなどにも対応できます。ただし、赤ちゃんを上手に抱っこできるようになるには練習が必要ですし、使用方法を間違えると危険です。それぞれにメリット、デメリットがありますから、ママの身体の状態やよく使うシーン、好みなどを考慮しながら選びましょう。

機能性や付属品などをチェックしよう

抱っこ紐を選ぶときに、チェックしたいポイントは機能性や付属品です。抱っこ紐は新生児の頃から数年間使用しますので、丈夫であることはもちろん、赤ちゃんにとって自然な姿勢で、快適な状態で過ごせることが大切です。赤ちゃんの身体をしっかりサポートできるものを選びます。
また、抱っこ紐はママやパパにとっても快適であることが重要です。赤ちゃんの全体重を支えることになりますから、身体の一部に体重をかけるのではなく上半身全体に分散できるものがベストです。その他、抱っこ紐の素材にも気をつけます。赤ちゃんのお肌は敏感ですし、舐めたりしゃぶったりしてしまうのでオーガニックのものやお手入れしやすいものを選びたいです。そして洗って繰り返し使えるよだれカバーや、抱っこ紐を収納するのに便利な抱っこ紐カバー、赤ちゃんが寝てしまったときに首を支えてくれるクッション、おんぶする時に使用するハーネスなど、便利な付属品もチェックしておきます。