赤ちゃん用の靴を選ぶ|子育てママが厳選!ベビーシューズや抱っこ紐の上手な選び方

ベビーシューズを選ぶ時に重要視しておきたい素材の違い

赤ちゃん用の靴を選ぶ

靴

個人差がある!ベビーシューズはサイズに合わせて買おう

つかまり立ちをして、そろそろ歩き出すという時期は赤ちゃんによって個人差があります。ですからベビーシューズを選ぶときにも、気を付けておきたいことがあります。子どもの靴を選ぶときは、足の大きさプラス0.5~1センチくらいのサイズを選びます。足先に少し隙間を残すことで、土踏まずの発達を促し、運動能力も伸ばしていきます。
小さすぎるものは足の指を圧迫してしまい変形を招く原因になってしまいますし、大きすぎるものは靴の中で足が動いてしまい、歩きにくく爪を痛める可能性があります。赤ちゃんにとってまだ履きなれない靴を履くだけでも大変なことですから、なるべく快適に過ごせるものを選んであげるようにします。子ども靴売り場の専門スタッフがいるところで、しっかりと素足の計測をしてサイズをみてもらい、足の形に合った靴を購入するようにしましょう。

ベビーシューズを選ぶ時に注意すべきこと

赤ちゃんの足はまだまだ未発達ですから、ベビーシューズを選ぶときには、かかとの部分がしっかりとしていて曲がらないことが重要です。そしてハイカットのタイプを選ぶことです。まだ歩き始めたばかりの子は、かかとをしっかりと守ってあげることで歩きやすくなるからです。また、靴底にはしっかり滑り止めのついたタイプを選び、転倒を防いだり、衝撃を吸収してあげられるようにします。他には紐靴タイプや2つ以上のマジックテープで固定できる靴がおすすめです。
足と靴をしっかりと固定し、一体化させることで歩きやすく、長時間歩いても疲れにくくなります。何足か試着して、実際に歩いてみて選ぶのがいいかもしれません。ベビーシューズはデザインを重視して選ぶよりも、機能性に優れ、赤ちゃんの足にフィットして履きやすいものを選んであげるようにします。

動きやすさのポイントはベビーシューズの「素材」

ベビーシューズを選ぶときには、足の発達や歩きやすさといった機能を重視した形を選ぶようにしますが、素材に関しても同じです。柔らかく、肌になじみやすい革のタイプや伸縮性のある布のタイプを選びます。
赤ちゃんが立っている時や歩き出すときに、足にピッタリとフィットし、足と一体化しているように感じる素材のものを選べば、ストレスを感じることなく歩くことを楽しめます。その子その子で足の形や幅、太さも違いますから、サイズやメーカーだけにこだわるのではなく、実際に履いて歩かせてみて、歩きやすそうな1足を選ぶようにします。